タイトル

Design名刺

名刺交換の文化と制作サービスの充実

名刺は日本社会においては必須のアイテムの一つであり、ビジネス界において初めて人に出会ったときに互いに交換するということが伝統文化になっています。
それによって相手に自分の名前と所属を覚えていてもらうことができ、同時に相手の情報と連絡先を獲得することができるのです。
こういった風習は世界的にあるわけではなく、日本の独自の文化と言っても過言ではありません。
しかし、互いに連絡先を交換し合うことでビジネスを行いやすくできるという観点から、各々の企業が発展していくことができる可能性を高めることによって経済効果が期待される習慣でもあります。
こういった文化があるため、日本で就職したり、部署が変わったり、昇進したりした場合にはその都度、自分の素性を明らかにできる名刺を作るということが不可欠になっています。
社会的に必要性が高いことから、その制作サービスも充実しています。
印刷会社ではテンプレートが提供されていて、自分が載せたい情報をメールやWebフォームで提供するだけで速やかに作成をしてくれるサービスが提供されています。
そのため、名刺を繰り返し作ることになってもそれほど大きな手間をかける必要がない時代になっています。

アピール力のある名刺を一枚準備する価値

日本においては名刺交換を行う習慣があることから、誰もが自分の顔となる一枚を制作して持っています。
企業に所蔵している場合にはその専用のものが提供されることも多く、必ずしも自分でデザインした一枚を手に入れる必要はありません。
しかし、受け取る相手にとってはその人の第一印象に影響するものであるものであるため、できるだけ自己アピールできるものと準備しておくと後々まで自分のことを覚えていてもらうことができます。
たとえ企業から指定されたフォーマットのものがあったとしても、重要な人脈作りのときに活用するもう一枚の名刺を準備しておくというのは効果的な方法です。
一般的な付き合いの人に対しては会社の代表としての関係を作るためにフォーマットに従ったものを渡し、今後のキャリアに影響を与えそうな人物に対してはアピール力のある一枚を渡すことによって印象づけるようにするのです。
そうすることによってより強いつながりを必要に応じて作り上げていくことが可能になり、将来に向けて役立つ人脈を形成しやすくなります。
たった一枚の名刺で与えられる印象が変わるからこそ、形式にこだわらずに自分のためになるものを準備しておくことが大切なのです。

pickup

厚木 土地

絵画 買取

防犯カメラのワイヤレスを探す

最終更新日:2019/1/18

『名刺』 最新ツイート

@topsyukatsu

【ビジネス豆知識】 名刺の渡し方一つとっても様々な作法があります。 就活をされている学生の皆さんは名刺を受取る機会が少なからずともあるのではないでしょうか。 是非、参考になさってください! https://t.co/o5iOqbX8eq

34秒前 - 2020年09月25日


@rui_xxx04

このAPの二階の暴れん坊のときに、お世話になった交番勤務の若くて体格のいいお巡りさんの 名刺が新聞受けにwめっちゃ 頼りになる、優しい人で話し聞いてくれて助かったのよ。 アタシがもうちょい若かったら 好きになってるわ😂

1分前 - 2020年09月25日


@GreatHitters

今年度から新組織になったけどまだ名刺作ってなくて、でも今度の10月でまた組織変更されることになり、さらに来年度も新組織になることが決定済み。たぶんおれもう名刺刷らない

1分前 - 2020年09月25日


Copyright 2015 Design名刺. All Right Reserverd.